重要なお知らせ新型コロナウイルス感染症関連情報【監理団体様・実習実施者様向け】

ミャンマーNo.1人材送り出し機関(ミャンマー政府認定 License No.54/2016)

お気軽にお問い合わせください
03-5809-2216 【営業時間】平日
9-12時/13-17時30分
  1. ミャンマー・ユニティ ホーム
  2. お問い合わせ・各種申込
  3. 介護事業者向け 外国人介護士雇用セミナー

介護事業者向け 外国人介護士雇用セミナー

無料WEBセミナー開催決定

要介護人口の増加・労働人口の減少・雇用の多様化など、介護業界を取り巻く環境は刻々と変化し、介護現場に混乱が広がっております。今回は、ニーズが高まる介護職種にスポットをあて、外国人採用について在留資格の違いからメリット・デメリット、導入に関する具体的な方法などをわかりやすく解説いたします。
また、ミャンマー・ユニティが実施しているレベルの高い介護教育について、ミャンマー・ユニティ介護講師 奥野先生に講演を行っていただくとともに、新型コロナウイルス感染症に対するミャンマー・ユニティの取り組みや送り出しの現状と今後などもご案内いたします。外国人介護士受け入れをご検討中の介護事業者様はぜひご参加ください。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの参加者が集う集合形式のセミナーではなく、WEB形式に変更してセミナーを開催することにいたしました。リアルタイムで配信いたしますので、通常セミナーと同様に質疑応答も可能です。お時間ある方はふるってご参加ください。

お申込み・セミナー詳細はこちらから

セミナー内容

セミナーの内容を一部ご紹介いたします。セミナー内容の詳細はこちらからご確認ください。

人材難の日本

日本は少子高齢化が進み、100万人のペースで労働力が減少すると言われています。 現在の労働人口の減少具合は緩やかですが今後急速に減少することが見込まれております。

介護業界を取り巻く環境

現在、製造業や建設業での有効求人倍率が上昇しており、産業間での人財の奪い合いが起きています。 介護業界もその1つです。 さらに介護業界は高齢者増加により要介護人口が増えており、介護士の需要が増えています。 介護士の需要に供給を追いつかず、倒産に陥る介護事業所も増えてきています。

外国人受け入れの注意点と在留資格の違い

外国人財を受け入れるためにはどのような注意点があるのか。 まず、日本の労働基準法に沿った雇用をしていただく為、給与形態、社会保険への加入は日本人同様に行っていただきます。 また、実習生や特定技能実習生は自力で家の契約が困難なため、住居の提供が必要になります。(技能実習生法でも定められております。) 技能実習生は技能学びに来ているため、雇用期間や1度に雇用できる人数に制限があります。

また、重要なのは職場によっては外国人と働くことに慣れていない方がおり、外国人と聞くとマイナスイメージを持たれる方がいます。これは年齢関係ありません。若い方の中でも日本語が上手に話せない外国人を下に見る方もいます。このようなイメージを払拭し、多様性を認めていただき、周囲の理解を得るというのも大切なことです。

ミャンマー・ユニティの送り出し実績

ミャンマー・ユニティの送出し実績について説明します。 製造業や建設業等多岐にわたる企業様にミャンマー・ユニティの実習生を導入いただいております。 また、介護技能実習生の出国も増え、今後どんどん伸びていきます。

なぜミャンマーなのか?

外国人雇用をするにあたりなぜミャンマー人材が良いのか。 ミャンマーは2010年に民主化して以降、少しずつ経済発展していますが、まだまだ農業国で、若い人材が自分の力を発揮する職業があまりありません。 また、さまざまな理由からミャンマー・ユニティがミャンマー人雇用を推奨する理由を紹介します。

なぜミャンマー・ユニティなのか?

なぜミャンマー・ユニティがいいのか。ミャンマー・ユニティでは面接候補生のスクリーニング強化や入国前教育を徹底させ 日本のマナーや生活習慣、日本語をきちんと理解させてから送り出しています。 日本語教育は日本人講師を起用し、テストに受かる為の日本語ではなく「話すための日本語」を身につけさせています。 また、実習生が日本へ入国した後に何か困ったことがあった時に母国語で対応できるサポートデスクを東京、群馬、名古屋、大阪に配置しています。

人材不足はますます深刻になっていきます。 今の人材不足は5年後、10年後、ますます拡大していきます。 その中でどのように人材を確保するか、外国人雇用を1つの選択しとして考えていただければ幸いです。