ミャンマー政府認定のミャンマー人材送り出し機関(License No.54/2016)

お気軽にお問い合わせください 03-5809-2216 【営業時間】平日
9-12時/13-17時30分
お問い合わせ・各種申込
  1. ミャンマー・ユニティ ホーム
  2. ミャンマー・ユニティの活動紹介動画
  3. 技能実習生や特定技能の2000人が学べるミャンマー・ユニティのビル「ユニティタワー」の動画

技能実習生や特定技能の2000人が学べるミャンマー・ユニティのビル「ユニティタワー」の動画

技能実習生や特定技能のミャンマー人2000人が同時に学べるミャンマー・ユニティのビル「ユニティタワー」の動画が完成しました!

ミャンマー・ユニティは、2019年5月まで5つのビルを借りて運営しておりましたが、キャパシティオーバーになっておりました。また、ビルがそれぞれ離れており、非常に効率が悪く、技能実習生の質の高い管理監督が困難になってまいりました。 ベトナムの次の人材送り出し国としてミャンマーが注目を集める中、ミャンマー・ユニティの評価も日に日に高まり、今後、キャパシティオーバーで日本からの求人を受けきれなくなることが危惧されておりました。そこでミャンマー・ユニティは、ヤンゴン中心部のより大きなビルへの移転を決断いたしました。

ヤンゴンの中心部に位置する、ヤンゴンっ子の憩いの場所「カンドージ湖」湖畔から徒歩約2分、カンドージ湖の南側、ヤンゴン動物園の東、ローズガーデンホテルから東へ徒歩3分の絶好の場所に位置しております。

ユニティタワーの一帯は「Kandawgyi Yeik Mon」と言われるオフィスビルゾーンで、11階建てのビルが8棟、横並びで比較的広い道沿いに建っています。 大型バスも入って来られます。

道から向かって一番左(カンドージ湖から遠い、一番南)のビルは現在空きビルです。元々は中国の巨大IT企業「アリババ」がついこの間まで入居していました。 アリババのビルとユニティタワーは同じ大きさです。

アリババのビルの右隣りがユニティタワーで、その右がユニティタワー・カンドージウィングです。 その右はミャンマーの大手銀行の「AYA銀行」のビルで、道を挟んだその右が「KBZ銀行」のビルになります。 その右にも3棟のビルがあり、合計8棟が「Kandawgyi Yeik Mon」というオフィスビル群です。 これら8棟は全部同じ大きさ、広さです。

ユニティタワーは、グラウンドフロアにミャンマー・ユニティの事務所があります。ミャンマー・ユニティの募集部・営業部・国際部がここにあります。

※グラウンドフロアは日本で言うと1階のことです。ミャンマーでは旧統治国のイギリス式にフロアを数えます。

ミャンマー・ユニティの職員は朝礼が終わると全員で職場の清掃を行います。 日本における5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)を生徒に徹底指導するためには、職員が率先垂範する必要があるので清掃活動を重視しています。

M1階(日本でいう中2階)と1階(日本でいう2階)はミーティングルームです。

ミーティングルームは主に、企業様の面接会場、視察に来られるお客様の応接室として利用しています。たくさんのお客様が同時に来られることが多いので、一度に多数の面接や視察が対応できるように、たくさんのミーティングルームを用意しております。

ミーティングルームの中にはひときわ大きい部屋があります。その部屋では、面接直前に面接参加者を集めて、企業による自社プレゼンテーションを行います。 面接参加者により企業に対する理解を深めていただくために、求人企業様には動画や静止画をふんだんに使って詳しく自社のことを説明いただくようお願いしております。

ミーティングルームの上の階には、教室がたくさんあります。

3階(日本でいう4階)には日本語教師用の職員室があります。 ミャンマー・ユニティでは日本語教師が30名働いております。

また、ユニティタワーは警備システムの「セコム」が入っております。 ミャンマーではセコムが入っているビルはほとんどありません。ミャンマーの他の企業に先駆けて先進的な警備システムを入れているわけです。 ミャンマー・ユニティの生徒は全員がユニティタワー内の寮に入っており、ユニティタワー2棟全館をセコムの監視システムが見守っており、全館を職員がモニタリングしております。

上層階には寮があります。 ミャンマー・ユニティの生徒は全員寮に入って規律正しい生活を身に着けます。 寮では、職員(寮長)が24時間、生徒を管理監督しております。寮の中は整理整頓されており、規律ある生活を指導しております。

ユニティタワーの9階(日本でいう10階)から見える緑豊かなヤンゴン市街は、徐々に高層ビルが建ち始めております。 ユニティタワーはヤンゴン市内でもかなり背の高いビルですので、絶景が楽しめます。

ユニティタワーの最上階である10階(日本で言う11階)には、多目的ルームがあり、ビル全部の広さの大きな部屋となっています。 ここでは、入校式を開催したり、多人数に対する説明会を開催します。

ユニティタワーの右のビル、「ユニティタワー・カンドージウィング」は、グラウンドフロア(日本でいう1階)にMBIC(MBIセンター・ミャンマービジネスインキュベーションセンター)のオフィスと、ネクステップキャリアのオフィスがあります。

ユニティタワー・カンドージウィングのM1階(日本でいう中2階)はミーティングルームです。 1階(日本でいう2階)にはネクステップキャリア用の教室があります。 2階(日本でいう3階)には介護座学教育用の教室と、介護実技教育用のトレーニング施設があります。 3階より上は寮になっております。

今後、ユニティタワーとユニティタワー・カンドージウィングは、お客様のニーズに合わせて、技能実習や特定技能向けの職種別の技能訓練施設をつくることも検討しております。 また、今後3,000人が同時に学べるように、左のビル(元アリババのビル)も追加で借りることも検討しております。 ぜひ、一度ミャンマー・ユニティのユニティタワーまでお越しいただき、世界最高レベルのミャンマー・ユニティの教育および施設をご体感ください。

お待ちしております!