【ホワイトペーパー】介護職種における技能実習と特定技能1号の違い~在留資格の違いとメリット・デメリット~

「介護職種における技能実習と特定技能1号の違い~在留資格の違いとメリット・デメリット~」では、介護事業者の皆様や監理団体および登録支援機関に向けて、多くの方が導入に踏み切れないでいる在留資格『技能実習』と『特定技能1号』をピックアップし、介護職種における2つの在留資格の違い、メリット・デメリットについて徹底解説いたします。

以下のフォームより無料ダウンロードのお申込みが可能です。なお、同業者様(送り出し機関)からのお申し込みはお断りしております。

kaigo_comparison_book

中身をちょっとだけ立ち読み

kaigo_hikaku1
kaigo_hikaku2
kaigo_hikaku3

在留資格の比較(概要)

  1. 介護職種における技能実習と特定技能1号の制度の違い
  2. 介護職種における技能実習と特定技能1号のメリット・デメリット

技能実習と特定技能のメリット・デメリット

  1. 転職の有無
  2. 面接候補者の集まりやすさ
  3. 在留期間の違い
  4. 人員配置基準への算入
  5. 新設施設で導入できるか
  6. 採用できる人数枠の違い
  7. 受け入れ後の制約事項

介護職種での技能実習と特定技能1号の選び方

介護職種ミャンマー人材受け入れガイドブックと一緒の申し込みをお勧めします。申込はこちら

貴社名 記入例:株式会社○○
ご担当者様名 姓: 名:
ご担当者様情報
  • 部署名
  • 役職名
ご住所
郵便番号
-
都道府県
記入例:東京都
市区郡町名・番地
記入例:千代田区岩本町1-2-11
ビル名(任意)
記入例:渡東ビルディングアネックス303
電話番号 - -
メールアドレス
従業員数
業種
その他業種の方はこちらにご記載ください
当ホワイトペーパーを知ったきっかけ
お問合せ内容

【個人情報保護に関する同意事項】

事業者の氏名または名称および個人情報保護管理責任者について

最高顧問 北中彰

個人情報の利用目的について

ご記入いただいた個人情報は、以下の目的に利用します。

  • 商品、サービスに関する情報の提供および提案、連絡、マーケティング活動、メール・お電話・郵送・FAX・訪問等によるご案内・連絡等
  • 商品、サービスの企画および利用等の調査に関する、お願い・連絡・回答、アンケート等による商品、サービス、企画、お客様ご利用状況・満足度等の調査等
  • 商品、サービス、その他のお問い合わせ、依頼等の対応、試用の提供、お客様からの各種お問い合わせ、資料請求など依頼対応等
  • 展示会、セミナー、トレーニング、懸賞、その他イベントに関する案内・回答
  • 統計資料の作成
  • その他一般事務・業務等の連絡・お問い合わせ・回答
  • 代金の請求・回収・支払い等の事務処理(イベントが有償の場合)
  • 展示会、セミナー、トレーニング、懸賞、その他イベントに関する参加登録(受付カードへの記入、名刺の受け渡しを含む)
  • 参加登録された情報に関する確認、連絡、問い合わせ、回答(メール・お電話・郵送・FAX・訪問等による)

個人情報の第三者提供について

ご記入いただいた個人情報はイベント・セミナーの共催・協賛・協力・出展・登壇企業に提供する場合があります。

提供目的:商品、サービスの情報またはマーケティング活動(イベント、改善提案など)に関する情報の連絡
提供項目:氏名、役職、団体法人名、部署名、連絡先(ご住所、電話/FAX番号、電子メールアドレスを含む)

また、法令の定めによる場合、お客様ご本人および人の生命や身体または財産の保護のために必要な場合、あらかじめお客様ご本人から同意を得ている場合にも第三者に提供します。

個人情報の取り扱いの委託について

ご記入いただいた個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲内において、第三者へ個人情報を委託する場合があります。その場合は、個人情報保護体制が整備された委託先を選定するとともに、個人情報保護に関する契約を締結いたします。

保有個人データ(注1)の開示等およびお問い合わせ窓口について

お客様ご本人またはその代理人が、個人情報に関して、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止または消去(以下、“開示等”という。)を請求される場合の連絡先は、以下になります。

【個人情報・イベント・セミナーに関するお問い合わせ先】

Web:info@m-unity.com
電話:03-5809-2216
郵送:〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-11 渡東ビルディングアネックス303

(注1):保有個人データとは、個人情報取扱事業者が、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する個人データであって、その存否が明らかになることにより公益その他の利益が害されるものとして政令で定めるもの又は一年以内の政令で定める期間以内に消去することとなるもの以外のものをいう(個人情報の保護に関する法律 第二条7項より)