pupup_pc
pupup_sp
最新セミナー情報・お申込みはこちら
重要なお知らせ新型コロナウイルス感染症関連情報【監理団体様・実習実施者様向け】

ミャンマーNo.1人材送り出し機関(ミャンマー政府認定 License No.54/2016)

お気軽にお問い合わせください
03-5809-2216 【営業時間】平日
9-12時/13-17時30分
  1. ミャンマー・ユニティ ホーム
  2. 特定技能・技能実習・外国人政策について、意見交換会における日本政府の回答
  3. 在留資格認定のスピードアップ及び基準の明確化・特定技能2号対象職種の拡大

在留資格認定のスピードアップ及び基準の明確化・特定技能2号対象職種の拡大

意見交換会でのご意見・ご要望

在留資格認定のスピードアップ及び基準の明確化・特定技能2号対象職種の拡大

日本政府からの回答

スピードUPについては標準処理期間を過ぎている現状は認識しています。追加提出などで時間がかかっているのが一因となっているので広報をしっかりしていきます。基準については運用要領においてしっかり明記していますが、分かりやすい案内をしていく広報活動をしていきます。

特定技能2号対象職種の拡大については、現在建設と造船の2分野だが平成29年に在留資格で「介護」が創設されています。これは介護福祉士の試験の合格した方になるがこれに移行して頂く考え方で創設しています。特定2号はお子様や家族が日本で帯同する事ができ、ビザの更新の制限がなくなります。これは在留資格の介護も同様で、介護福祉士の試験に合格して頂く支援を厚生労働省は行っていきたいと思います。

よって特定技能2号に代わる資格が「在留資格 介護」であると認識して下さい。

木村義雄先生よりコメント

2号に移行すると家族帯同が可能になる為、移民や長期滞在につながる恐れがあり、今回の法案に対し反対勢力があります。現時点で1号から2号へは5年間ある為、一旦棚上げしている状態だが、やがて全業種で特定技能2号が開始されると思われます。