ミャンマー政府認定のミャンマー人材送り出し機関(License No.54/2016)

お気軽にお問い合わせください 03-5809-2216 【営業時間】平日
9-12時/13-17時30分
お問い合わせ・各種申込
  1. ミャンマー・ユニティ ホーム
  2. なぜミャンマーなのか?
  3. ミャンマーの暮らし

ミャンマーの暮らし

ミャンマー人はどのような場所で、どのような食べ物で、どのように生活しているのか?ミャンマーの暮らしを写真を通して体感して下さい。

ミャンマーの暮らし

ミャンマー・ヤンゴンの人々の暮らし動画です。
ミャンマーと聞いてアジアの発展途上国の1つとしかイメージない方が多いかもしれません。
しかし、ミャンマーはアジアのラストフロンティアと呼ばれ、ビジネスチャンスをつかみ取ろうとする世界中の企業や個人から注目を集めています。
この動画では、そんなミャンマーの街並みや食べ物、マーケットで店を営んでいる人の実際の収入など現地のリアルをお伝えしています。
さらに、どんな家に住んでいるの?交通手段は何があるの?そんな疑問もこの動画で解決します。撮影者に笑いかける穏やかで心優しいミャンマー人の人柄も垣間見えます。


仏教国のため、町中に仏像が点在

数年で車が一気に普及し大渋滞

お寺が日常に溶け込んでいる

朝のにぎやかなシュエダゴンパゴダ前

牛が田んぼを耕している光景

田舎では高床式の家が一般的

サイカー(Side Car)と呼ばれる三輪タクシーが 市民の足となっている。50円から

交通ルールはあまり無く自由。荷台に乗り通勤、通学している。

露天市場。中古品の携帯電話が多い。たまに掘り出し物があるので楽しい。

果物を売る屋台と子供たち。整然と陳列 されている果物に驚き。

路上でセパタクローをする若者たち。日中に成人男性が街中で遊んでいる光景が普通

野良犬が多い

ミャンマーの飲食事情

ミャンマーの主食はお米です。


ミャンマーの代表麺料理 モヒンガー(ナマズのだしでとったスープに米の麺)

ミャンマーの一般的なご飯(インディカ米、生野菜、豆料理、油カレー、野菜スープ、お茶)

市場で材料調達が一般的

朝食の定番(肉まん、インド風カレー、パン、カリーパフ、コーヒー)

コオロギのガーリックフライ

鶏肉を売る市場

ミャンマーの仕事現場


安全対策がされていない建設現場

人数の多い建設現場

縫製工場の手先の器用な女性達

ミャンマーの教育


誰でも通える寺小屋

識字率が92%のミャンマー、新聞好きな国民が多い

高校・大学は英語の教科書を使う