最新情報

【セミナー動画無料公開】インドIT人材 × ミャンマー ブルーカラー人材が日本を救う!?外国人雇用セミナー<ミャンマー・ユニティ/WooGWay株式会社共同開催>

2020年11月25日
d58558-68-682024-0

ご好評いただいたセミナー動画を無料で公開

11月20日(金)にミャンマー・ユニティとWooGWay株式会社が共同開催いたしました「外国人材雇用インドIT人材 × ミャンマーブルーカラー人材が日本を救う!?~インドおよびミャンマーの人材エキスパートが語る~」のセミナー動画の無料公開を開始いたしました。
IT高度人材とブルーカラー人材という対極的な人材をテーマに実践的なノウハウ・外国人を定着化させるコツなどを詳しくご紹介しております。

また、楽天で外国籍人材育成を担当しているチャンドラー 彩奈氏をはじめとした、実際に外国人を雇用している企業の方を迎え、外国人の定着化のコツを徹底討論したパネルディスカッションの様子もご覧いただけます。

▼セミナー動画視聴お申込みはこちら
https://www.myanmarunity.jp/pages/10839/

★このような企業の人材採用・人材会社のご担当者様におすすめです
・外国人雇用のメリット・デメリットが知りたい方
・実際に外国人を雇用している企業のお話がききたい方
・外国人雇用の推進に興味のある方
・外国人材を定着させるコツが知りたい方
・ミャンマー人の受け入れに興味のある方
・インド人の受け入れに興味のある方
・企業の人材採用担当者の方

★講演アジェンダ
《 第一部 講義 》
1. 人口激減!統計からみる日本の将来像
2.外国人雇用は有効な手段なのか
3. インドIT人材 × ミャンマー ブルーカラー人材が日本を救う!?
4. Why インド? Why ミャンマー?
5.外国人雇用を上手くいかせるコツ

《 第二部 パネルディスカッション 》
外国人を実際に雇用している企業の方にお話しを伺います。
1.外国人を雇うメリット
2.外国人を雇った際の苦労話
3.定着化させるコツ
4.その他

 

注目のインドとミャンマー、2か国の外国人雇用を学べるセミナー

本セミナーは、第1部 講義、第2部 パネルディスカッションの形式で行いました。

第1部は、日本の取り巻く環境から人材雇用の課題をブラッシュアップし、その中で外国人雇用制度を有効に活用していく方法を、インドおよびミャンマーの人材エキスパートであるWooGWay株式会社関口友則氏とミャンマー・ユニティ最高顧問北中彰が解説。インド人とミャンマー人の特徴や良さも取り上げる、外国人雇用の講演です。

第2部は、楽天で外国籍人材育成を担当しているチャンドラー 彩奈氏をはじめとした実際に外国人を雇用している企業の方を迎え、外国人の定着化についてパネルディスカッションを行いました。「外国人を雇うメリット」や「外国人を雇った際の苦労話」などのリアルなお話も聞ける内容となっております。

 

インド人材・ミャンマー人材の特徴

《 インド 》
世界の超優良IT企業のGoogleやMicrosoftなどのCEOはインド出⾝であり、インドIT/AIエンジニアは世界のIT企業で⼤きな存在感を発揮し、数多くのイノベーションを起こしております。
元々、数字に強く優秀層は大学や大学院を卒業後、アメリカに渡り仕事をすることも多くアメリカのIT業界を支えているのはインド人と言われるほどでした。しかし、アメリカのビザの発行が厳格化されたことにより渡米の壁が高くなりました。日印国交も良好かつ外国人材の受け入れに積極的で技術力が高いことからインドIT人材にとって日本が選択肢に入るようになりました。そんな背景もあり、インド人IT人材はこれから期待できる点が多数あります。

《 ミャンマー 》
ミャンマーはアジアの中でも経済力が低く、田舎の農村部は未だ日本円で平均月給8000円程度。しかし、ミャンマー人は日本との親和性が高く最も好ましい人材と言えます。高い就労意欲を持つことや国民の90%が仏教徒であること、また識字率と教育水準が相対的に高い若年層の人材が多いことから、今後の成長が見込まれる「ラストフロンティア」として注目されています。AIによる雇用の消失がささやかれる中、近年改めてブルーカラーの仕事にも注目が集まっています。

 

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方