日本経済新聞の記事でミャンマー・ユニティの介護VR教育プロジェクトが取り上げられました

2020年02月04日

2020年2月3日付「日本経済新聞」朝刊7面にて、ミャンマー・ユニティが実施する介護VR教育プロジェクトの内容が掲載されました。

VR(バーチャル・リアリティ)での介護教育は、現場にいるかのような臨場感のある映像を使い、実際の介護現場を疑似体験することで、学習効率を高める効果が期待できます。

このたび、ミャンマー・ユニティは介護VR授業を2019年1月に試験導入し、同年3月より本格導入することが決定いたしました。

これにより、より実践的で即戦力となれるような介護人材育成を強化してまいります。


VR授業

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方