ミャンマー・ユニティの「出国前NAT-TEST3級合格率(介護技能実習生)」と「特定技能・高度人材契約人材会社数」を公開いたしました

2020年09月09日

ミャンマー・ユニティWEBサイトにて、当社が送り出す介護技能実習生の「出国前NAT-TEST3級合格率」、および、「特定技能・高度人材契約人材会社数」を公開いたしました。

出国前NAT-TEST3級合格率

jpn_test_pass
※上の画像は2020年9月9日時点(トップページは随時更新中)

ミャンマー・ユニティ運営の『UJLAC日本語学校』では、「企業面接に合格した実習生のみを対象」として日本語教育のクラスを開講しています。
生徒たちは、日本での実習に向けて日々切磋琢磨しております。
『UJLAC日本語学校』は、独自の教育プログラムを設けており、特に、介護職種は、10ヶ月間で週5日・1日7時間・総学習時間1400時間の日本語教育で、3級取得を目指す、レベルの高い教育を実施しています。
そのため、介護技能実習生においては、出国前のNAT-TEST3級の合格率が高く、日本入国後、即戦力として施設スタッフの方も一緒に働きやすく、施設利用者やそのご家族にとっても安心できる人材が育っております。

介護以外の職種においても、出国前の5ヶ月間で週5日・1日7時間・総学習時間700時間の日本語教育を実施しており、高水準のN4模擬試験合格率となっております。

 

特定技能・高度人材契約人材会社数

特定技能・高度人材契約人材会社数
※上の画像は2020年9月9日時点(トップページは随時更新中)

ミャンマー・ユニティは、2013年の設立からこれまでに、多くの技能実習監理団体の皆様にお力添えをいただき、介護、建設、溶接、食品加工、金属加工など多岐にわたる職種で、累計1196名の技能実習生を日本企業に送り出してきました。

今後は、特定技能人材および高度人材の育成にもより力を入れ、日本企業様へより多くの優秀なミャンマー人材を送り出してまいります。

 

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方