UJLAC日本語教育機関 | ミャンマーの外国人技能実習生のことならMyanmar unity
ミャンマー人技能実習生のことならMyanmar Unity(ミャンマーユニティ)

UJLAC日本語教育機関

UJLAC教育理念

1人ひとりを大切に、 全員に焦点を当てた教育方針

授業風景1 Myanmar unity(ミャンマーユニティ)は事前教育機関『UJLAC日本語教育機関』を独自で設けております。送り出し理念を基盤とした教育方針で、”1人ひとりを大切に”をモットーに生徒と日々向き合っております。 UJLACでは日本語の教育だけに留まらず、日本での生活文化、日本で働く姿勢、日本で働く意義、を事前教育の中で徹底的に教育。また、入学の際に誰でも入学を許可するのではなく、入学前の入学希望者に対する「実習制度とは何か」を題材としたオリエンテーションを開いております。 その後、実習生制度に対する理解審査を行い、帰国後どのように母国に貢献したいか、夢は何かを聞き出し、想いや情熱を抱くミャンマー人を募集するようにしています。UJLACを通じて、日本とミャンマーの異なる商習慣を少しでも埋めていくことが最大の使命です。 この取り組みがミャンマー人実習生の渡航後の不安を少しでも和らげ、日本で最大限の力を発揮しやすくなると考えております。そして何よりも、日本の受入実施企業様の満足度につながると確信しております。

UJLAC教育プログラム

事前教育タイムライン

Myanmar Unity では、独自に設けた日本語教育機関 Unity Japanese Language Academic Center (UJLAC)にて、出国前の5ヶ月間で週5日、1日7時間、総学習時間700時間の日本語教育を実施しております。 UJLACヤンゴン校では、「企業面接に合格した実習生のみを対象」としてクラスを開講しています。 生徒たちは、日本での実習に向けてN4程度の会話レベルを身につけるため、日々切磋琢磨します。 実習生の近況、成績は受入管理団体様に報告いたします。 教育内容は会話に重きを置き、実習現場に即した単語や表現を学習します。 日本人講師がいるため、生きた日本語を学ぶことができます。 また、日本語教育のみならず、礼儀や”5S”(授業終了後、毎日15分間掃除を実施)、報告連絡相談といった、 日本の実習現場で適応できるような教育を行っております。
日本人授業1 掃除風景1

UJLAC学校行事

人として成長できる環境

UJLACでは日本語教育や日本文化の事前教育はもちろんですが、人としても成長できる環境を心がけています。 5ヶ月間のカリキュラムの中では、日本語だけではなく、実習生自身の人生設計や実習生制度、日本の職場に関する授業を行っています。人生設計の授業の中では、実習生が自らの人生の計画を明確にするため、将来の夢やミャンマーの未来についての作文を書いて発表します。 実習生制度や日本の職場に関する授業では、実際の日本の生活や実習生制度を実習生自身がより深く理解するために、日本の作業現場経験者が中心となり講義を行っています。講義は実習生制度の概要や給与計算、5Sや安全第一といった日本の職場で大切なことを教えています。
作文 授業風景写真

気軽にお問い合わせください。