技能実習の対象職種作業拡大!印刷職種(グラビア印刷作業)と漁船漁業職種(棒受網漁業)が2号移行可能になりました!

2020年07月22日
職種追加

■技能実習対象職種が82職種148作業に拡大しました!

2020年7月17日付で「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律施行規則」が一部改正され、下記のとおり2つの職種作業及び試験実施者が追加されましたので、お知らせいたします。

【2020年7月17追加職種作業】
職種:印刷
作業:グラビア印刷作業
試験実施者:全国グラビア協同組合連合会

職種:漁船漁業
作業:棒受網漁業
試験実施者:一般社団法人大日本水産会
※漁業関係はミャンマーからの送り出しが禁止されています

 

■908名の面接待機者から印刷職種(グラビア印刷作業)でミャンマー人材の面接受付け開始!

ミャンマー政府認定送り出し機関ミャンマー・ユニティでは、現在908名の人材がミャンマー・ユニティによる一時審査をクリアし企業様からの面接を待っています。

なお、ミャンマー・ユニティでは、2020年6月15日より新型コロナウイルス感染防止対策における「新しい採用活動の様式」の実現として、オンラインによる実施に形を変え、採用面接を再開しております。
今回新たに追加された、印刷職種(グラビア印刷作業)での採用面接も即時対応可能です。

ミャンマーと日本をオンラインでつなぐため、監理団体の方や受入企業の方はミャンマーへの出張が不要となり、出入国規制が厳しい現状においても、技能実習生の採用活動が可能となっております。

また、ミャンマー・ユニティでは、採用面接に合格したミャンマー人材に対し、職種に応じた特殊な訓練が必要な場合は、日本入国前にミャンマーで訓練を行うことも可能です。(別途お打ち合わせ)

< 面接お申込み・お問い合わせはこちら >
https://www.myanmarunity.jp/pages/2822/

< オンライン採用面接の詳細はこちら >
https://www.myanmarunity.jp/news/8595/

 

★出入国規制緩和で、外国人材受け入れの再開に向けて

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、各国との出入国に対する規制が行われている現状で、日本政府は感染拡大が収まりつつある国・地域との出入国規制緩和に向け、7月中にもミャンマーなどの国と協議を始めることを公表しました。
withコロナ時代における外国人材受け入れの再スタートも近づいてきています。
ミャンマー人技能実習生受け入れおよび採用面接をご検討の監理団体・受け入れ企業のご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

 

■ミャンマー人技能実習生受け入れガイドブックのご紹介

ミャンマー人技能実習生受け入れ完全ガイド

ミャンマー人技能実習生の受け入れをご検討の監理団体および受け入れ企業のご担当者様向けに、ミャンマー・ユニティは「ミャンマー人技能実習生受け入れガイドブック」を無料でご提供しています。

技能実習生の受け入れを初めてご検討の方、すでに他国の人材を受け入れているけれどミャンマー人の受け入れを初めてご検討の方、ミャンマー・ユニティの教育や送り出しシステムに興味のある方は、まずこちらのガイドブックをご覧ください。

▼ミャンマー人技能実習生受け入れガイドブックお申込みはこちらから
https://www.myanmarunity.jp/pages/7577/

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方