重要なお知らせ新型コロナウイルス感染症関連情報【監理団体様・実習実施者様向け】

ミャンマーNo.1人材送り出し機関(ミャンマー政府認定 License No.54/2016)

お気軽にお問い合わせください
03-5809-2216 【営業時間】平日
9-12時/13-17時30分
  1. ミャンマー・ユニティ ホーム
  2. 職種・在留資格別ご案内
  3. 【技能実習・特定技能】受け入れ可能な職種一覧
  4. 職種一覧より検索
  5. 在留資格(建設)の比較

在留資格(建設)の比較

※以下の業務は特定技能のみ許可されています。

吹付ウレタン断熱、海洋土木工

おすすめ在留資格 技能実習 特定技能
おすすめ度
おすすめ理由(メリット)
  • 短期間で配属できる(約7~8ヶ月)
  • 最長10年日本で働ける(技能実習最長5年+特定技能1号5年。ただし職種により最長8年)
  • 技能実習期間は転職ができないので雇用が安定する。
  • 現地求職者が集まりやすい(内定先が決まってから事前学習ができるため)
  • 雇用できる人数枠が大きい
  • 受け入れ後の制約が少ない
  • 月額コストが安い
デメリット
  • 受け入れ後の制約が大きい
  • 雇用できる人数枠が小さい
  • 月額コストが高い
  • 転職されてしまう可能性がある
  • 入国、配属に時間がかかる(面接前の準備期間が長い)
  • 5年しか働けない
  • 現地求職者が集まりにくい(各種試験に合格してからでないと面接ができないため)
面接→配属までの期間概算 7~8ヶ月 6~7ヶ月
在留期間 技能実習3~5年 5年
転職の可否 原則不可 可能(同業種内)
雇用できる人数 技能実習生の人数枠(介護職種以外)」をご覧ください 建設企業単位での受け入れ人数枠が設定される
必要とする日本語能力 なし 4級
日本語レベル
(ミャンマー・ユニティ卒業生)
ほぼ4級レベル 4級取得、ほぼ3級レベル
入国までの流れ 技能実習・介護以外の職種の入国までの流れ」をご覧ください 特定技能・介護以外の職種の入国までの流れ」をご覧ください
日本の人材紹介会社様にご請求する費用 お問い合わせください
制度趣旨 本国への技能移転 人手不足対応のための一定の専門性・技能を有する外国⼈の受け⼊れ
管轄の機関 外国人技能実習機構 出入国管理庁
受け入れのための申請方法 監理団体を通じて、外国人技能実習機構に実習計画認定を申請、その後出入国管理庁に在留資格を申請 協議会に加入後、出入国管理庁に在留資格を申請
外国人の就労条件 18歳以上 18歳以上
受け入れ可能国
15ヶ国
インド
インドネシア
ウズベキスタン
カンボジア
スリランカ
タイ
中国
ネパール
バングラデシュ
フィリピン
ベトナム
ペルー
ミャンマー
モンゴル
ラオス
9ヶ国
インドネシア
カンボジア
タイ
中国
ネパール
フィリピン
ベトナム
ミャンマー
モンゴル