ミャンマーにおける特定技能の試験日程に関する最新情報を公開

2020年11月20日
mm_tokutei_news

ミャンマーにおける特定技能の試験日程

ミャンマーにおける特定技能の技能試験は、2019年10月27日に宿泊の試験が開催されたことを皮切りに、ビルクリーニングの試験も2019年12月7日に実施されました。
しかしコロナウイルスの影響でその後行われる予定だった試験は延期になってしまいました。

ミャンマーから人材を受け入れを検討されている皆さんは「本当に特定技能の受け入れが出来るのか?」とご心配されていることかと存じます。

そこで、ミャンマー政府認定人材送り出し機関ミャンマー・ユニティは、2020年11月19日時点での、今後のミャンマーでの特定技能試験の情報を以下の通りまとめました。

■農業
2021年1月に実施予定。変更が無ければ12月に受験受付を行う。

■介護
未定。しかしミャンマーでの試験は検討している。

■宿泊業
2021年の3月までに開催予定。

■ビルクリーニング
試験監督が渡航できるようになり次第開催予定。

■外食業・飲食料品製造業
未定

▼特定技能ミャンマー人材に関してのお問い合わせはこちら
https://www.myanmarunity.jp/pages/2822/

 

コロナ禍でも特定技能の人材教育を促進「MJ Space」

ミャンマー・ユニティは、「MJ Space」というオンライン無料日本語学習サイトを運営しており、すべてのミャンマー人がいつでも、どこでも、だれでも日本語学習ができる環境を提供しています。

さらに、「MJ Space」では、上記特定技能各分野の技能試験の勉強も無料で行うことができます。

mjs_image

人口約5,500万人を抱えるミャンマーは、未だに失業率が高く、給与も日本の20分の1程度のため、日本で働くことを切望する方が大変多い現状です。

人口構成的にも、日本に働きに行ける適齢期の若年層が約2,000万人と多く存在しています。
ミャンマー・ユニティはこれら2,000万人のミャンマー人に対して、等しく日本語学習のチャンスを与えることが、ミャンマー人の生活レベルの向上、そして夢と希望に満ちた自由な選択肢のある人生がもたらされると信じています。

世界的に一層コロナウイルスが拡大している中で、各国の特定技能試験はどの様になっていくのか、いまだ不透明なところはありますが、ミャンマー・ユニティは皆様への情報発信だけではなく、優秀なミャンマー人が早く日本で働くことができるように一層努力してまいります。

 

無料オンラインセミナー・イベント情報のご案内

ミャンマー・ユニティでは日本の監理団体・登録支援機関・人材会社の皆様を対象に、定期的に無料セミナーを実施しております。
開催は新型コロナ対策として全てオンラインでの開催です。
セミナーでは、技能実習や特定技能に関する内容や、ミャンマー・ユニティの日本語教育に関するご案内、コロナ禍における最新の送り出し状況などの情報発信もいたします。

▼セミナー・イベント情報
https://www.myanmarunity.jp/pages/9284/

 

 

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方