【試験情報】宿泊業 特定技能評価試験<随時更新>

在留資格「特定技能」を得る条件として、日本語と技能の試験2つの合格が必要です。この記事では宿泊業の特定技能1号試験の最新情報をお知らせいたします。

【試験情報】宿泊業 特定技能評価試験<随時更新>

目次

  1. 特定技能と試験について
    1. 特定技能とは
    2. 試験について
  2. 宿泊業試験情報
    1. 学科試験
    2. 実技試験
  3. 国内試験情報
  4. 国外試験情報
  5. 学習用教材

特定技能と試験について

特定技能とは

「特定技能」は、日本の少子高齢化に伴い、深刻化の進む企業の人手不足に対応するために2019年4月に設立した新しい在留資格です。
「特定技能」の在留資格を持つ外国人を受け入れることができる特定産業分野として14業種が認められており、宿泊業もその中の1つです。
「宿泊業の特定技能1号」の在留資格を得る条件として、「日本語試験」と「技能試験」で一定の合格基準に受かることが必須となっています。

試験について

日本語試験は「日本語基礎テスト(JFT-Basic)」の合格または「日本語能力試験(JLPT)」4級以上の合格が必要です。

技能試験は一般社団法人宿泊業技能試験センターが実施する「宿泊技能測定試験」の合格が必要です。

宿泊業試験情報

下記は一般社団法人宿泊業技能試験センターが実施する「宿泊技能測定試験」の情報です。

試験科目 学科試験と実技試験
試験時間 学科試験:45分/実技試験10分
試験方式 CBT方式
受験料 7,000円

宿泊施設のフロント業務、企画・広報業務、接客業務、レストランサービス業務、安全衛生、宿泊業の基本事項に関する問題が出題されます。

学科試験

問題数 30問
合格点 65%以上
出題形式 選択真偽法

実技試験

問題数 4問
合格点 65%以上
出題形式 口頭による判断問題

国内試験情報

現時点で国内試験の予定は発表されていません。
一般財団法人宿泊業技術試験センターのサイト

国外試験情報

ネパールでの試験情報

受験登録受付期間 2022/09/20(火)日本時間13時から2022/09/26(月)日本時間12時まで
受験料の納付 4,000NPR(納付方法は自分の受験日の受付にて現金で支払い)
受験票の発行 2022/09/30(金)日本時間13時予定(マイページからダウンロード)
合格発表 2022/10/28(金)日本時間13時予定
試験会場 Budhanilakanth-9, Mandikhatar, Kathmandu, Nepal GATE- Global Academy of Tourism & Hospitality Education Building
試験日 2022/10/10,11,12,14,15,16,18,19,20
※9日間の中で1度しか受験できません。
受付時間
(ネパール時間)
①7:00~7:40
②8:15~8:55
③9:30~10:10
④12:10~12:50
⑤13:25~14:05
試験時間
(ネパール時間)
①7:45~8:55
②9:00~10:10
③10:15~11:25
④12:55~14:05
⑤14:10~15:20
※①~⑤の中から1回だけで終了です。

1回の試験で50名受験できます。
試験時間は70分です。

過去には2019/10/27にミャンマーのヤンゴン市内で実施されたことがあります。

【参考】一般社団法人宿泊業技能試験センター 令和4年度(2022年度)第4回宿泊業技能測定試験

学習用教材

以下は宿泊技能測定試験に合格するための学習用テキストの情報です。

【過去問題】2019/04/14 第1回(国内)学科試験並びに実技試験
【資料】宿泊業における生活・業務マニュアル

学習用テキストは今後宿泊団体から発行される予定です。

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方

関連記事