【試験情報】ビルクリーニング業 特定技能1号試験

外国人が在留資格「特定技能」を得る条件として、日本語と技能の試験2つの合格が必要です。この記事ではビルクリーニングの技能試験である特定技能1号試験の最新情報をお知らせいたします。

【試験情報】ビルクリーニング業 特定技能1号試験

目次

  1. 特定技能と試験について
    1. 特定技能とは
    2. 日本語試験と技能試験について
  2. 試験情報
    1. 学科試験
    2. 実技試験
  3. 国内試験情報
    1. 最新のスケジュール
  4. 学習用教材

1.特定技能と試験について

1-1 特定技能とは

「特定技能」は、日本の少子高齢化に伴い、深刻化の進む企業の人手不足に対応するために2019年4月に設立した新しい在留資格です。 「特定技能」の在留資格を持つ外国人を受け入れることができる特定産業分野として14業種が認められており、ビルクリーニング業もその中の1つです。 「ビルクリーニング業の特定技能1号」の在留資格を得る条件として、「日本語試験」と「技能試験」で一定の合格基準に受かることが必須となっています。

1-2 日本語試験と技能試験について

ビルクリーニング分野の特定技能1号の在留資格を得るためには、「技能水準」と「日本語能力水準」の両方を満たしている必要があります。

「日本語能力水準」は、独立行政法人国際交流基金が実施する「日本語能力判定テスト」 又は独立行政法人国際交流基金および日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験」において判定されます。

ビルクリーニング分野の「技能水準」は、公益社団法人全国ビルメンテナンス協会が実施いたします「ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験」において判定します。

日本語試験は「日本語交流基金基礎テスト(JFT-Basic)」の合格または「日本語能力試験(JLPT)」4級以上の合格が必要です。

技能試験は公益社団法人全国ビルメンテナンス協会が実施する「ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験」の合格が必要です。

※ビルクリーニング職種の技能実習2号修了者は、「ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験」と日本語試験を受験する必要はありません。

2.試験情報

下記は公益社団法人全国ビルメンテナンス協会が実施する「ビルクリーニング分野特定技能1号技能測定試験」の情報です。

試験科目 判断試験と作業試験
試験時間 計32分
試験方式 択一方式・実技試験
受験料 2,200円(税込み)

2-1 学科試験

写真・イラスト等により判断する試験です。

問題数 17問
満点 40点
合格点 60%以上

2-2 実技試験

作業試験は 床面の定期清掃作業、ガラス面の定期洗浄作業、洋式大便器の日常清掃作業の中から作業を行います

問題数 床面の定期清掃作業、ガラス面の定期洗浄作業、洋式大便器の日常清掃作業
満点 60点
合格点 60%以上

・判断試験の点数が満点の60%以上(24点以上)、かつ作業試験の点数が満点の60%以上(36点以上)で合格になります。

3.国内試験情報

最新のスケジュールは、全国ビルメンテナンス協会のサイトにてご確認ください。
ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験(国内試験)

4.国外試験情報

現時点でインドネシア、ミャンマー、フィリピンで国外試験は開催される予定です。
最新のスケジュールは、全国ビルメンテナンス協会のサイトにてご確認ください。
ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験(国外試験)

5.学習用教材

以下は特定技能1号技能測定試験飲食料品製造業試験に合格のための学習用テキストの情報です。

  
言語 テキスト
日本語 目指せ!ビルクリーニング特定技能評価試験~学習テキスト~
ビルクリーニング分野特定技能1号 評価試験訓練用動画
2019-2020実技試験問題
2019年度判断試験問題
2019年度判断試験解答
英語 目指せ!ビルクリーニング特定技能評価試験~学習テキスト~
インドネシア語 目指せ!ビルクリーニング特定技能評価試験~学習テキスト~
クメール語 目指せ!ビルクリーニング特定技能評価試験~学習テキスト~
ミャンマー語 目指せ!ビルクリーニング特定技能評価試験~学習テキスト~
ベトナム語 目指せ!ビルクリーニング特定技能評価試験~学習テキスト~

【参考】公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方