「外国人エンジニアの採用」の副次的メリット

外国人エンジニア採用にはどのようなメリットがあるのか。今回は、人材不足を補うという目的以外に、副次的に得られる効果について解説していきます。

「外国人エンジニアの採用」の副次的メリット

目次

  1. 深刻化する日本の人材不足
  2. 外国人エンジニアの採用メリット
    1. 高いモチベーション
    2. オフショアなど海外進出時の核
    3. 職場の活性化

深刻化する日本の人材不足

超少子高齢化が進む日本において、働き手不足は深刻です。
日本のモノづくりとITをささえるエンジニアについても、人材が不足し続けている状況は変わりはありません。

経済産業省の調査によるとIT人材においては、2015年の時点で既に約17万人が不足しているという結果が、2030年には約40~80万人規模で人材不足に陥ると予測されています。

また、日本にはものづくりだけではなく食飲料品・医薬品業界など、世界的にも重要な位置にある企業が多くあり、サプライチェーンの観点からも日本だけの問題はありません。

外国人エンジニアの採用メリット

高いモチベーション

アジア諸国の若い世代を中心として、ハングリー精神が旺盛で、日本人と比較して必死さがある傾向が高いです。
最近注目を浴びているミャンマーなどの人材は、大学を卒業しても月給が1万円程度と日本よりもはるかに給与水準が低いため、家族への仕送りなどの使命感をもって仕事に励むということがあります。

engineer_img2

オフショアなど海外進出時の核

外国人を採用することで、その出身国とのつながりが強くなります。
友人紹介による現地採用など、リアルなつながりも期待できます。

engineer_img3

職場の活性化

言葉や考え方が異なることが当たり前となり、会社風土の多様性が進みます。
最初は人材不足を補うために外国人を雇用した企業が、社内の雰囲気が活発化したことで、積極的に外国人の雇用を推進するケースが多く見受けられます。

engineer_img4

お気軽にお問い合わせください

受け入れを検討されている企業の方

監理団体・登録支援機関・人材会社の方